斎場の情報が満載!

日本は超高齢社会に突入しているため、高齢者の割合がどんどん高くなっています。
長生きすることはいいことですが、違う視点からみると、これからは亡くなってしまう方が多くなることを意味しています。
人はいつかは終わりを迎えることになるので、こればかりは仕方ありません。
そこで、斎場を選ぶ際にチェックしておきたい設備に関して紹介していきます。
安易な理由で決めてしまうとトラブルが起きてしまう可能性があるので、このサイトを見て参考にしてください。

斎場選びは設備をチェックしてから!

斎場選びは設備をチェックしてから! 葬儀を行う場合、様々なことを決めなければいけませんが、やはり斎場が選びが重要になります。
選ぶ際は設備を十分にチェックした上で決めるべきです。
休憩室があるか、冷房や暖房が付いているか、火葬場があればさらに良いです。
斎場はどれも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると結構な差があるので、決して適当に選ぶことのないようにしてください。
また、費用だけで決めるのもナンセンスです。
葬儀にかかる費用はかなりの額になるので、少しでも安く抑えたい考えは理解できます。
しかし、安いだけで決めてしまうと、葬儀のクオリティが低くなってしまうおそれがあるので、何か問題が生じるのに安く抑えようとすることは避けるべきです。

斎場は葬儀以外には使えるの?

斎場は葬儀以外には使えるの? 以前は人が亡くなるとその葬儀は自宅で行うことが多かったですが、本来は住み慣れた自宅に戻りたいという故人の遺志を尊重した結果からです。
特に戸建て住宅であれば、その住宅の広さによっては自宅でも執り行うことも可能な広さがあると、そこで行うこともできます。
ただ近年は分譲の住宅の様な近隣との距離が近いケースでは、そういった戸建て住宅では周囲に迷惑をかけてしまうことも多いです。
しかも現在は集合住宅に住んでいる方も多く、集合住宅では斎場に遺体を安置して執り行うケースが選択されます。
集合住宅の場合、幾ら自宅がそこにあるからと言っても、他の居住者に迷惑をかけることも多く、遺体の搬入自体が難しかったり、焼香などの臭いで周囲に迷惑かけるケースが多くなってしまいます。
斎場を使えば遺体を安置することも可能で、それに適した広さと設備が揃っていることでも優れています。
斎場の使用目的は、主に葬儀や各種法要に限定されるのが一般的です。
その理由としては死をタブーとするためで、しかも遺体が安置されていることは、心理的にも忌み嫌われてしまうこととも言えます。
遺体が設置された場所を他の目的で利用することは芳しくなく、心理的な側面から忌み嫌われ、ほとんどの斎場では葬儀以外には法要ぐらいしか使用することができません。

斎場に関する情報リンク

細やかな対応の知多の斎場