斎場の情報が満載!

火葬場が併設されている斎場のメリット

火葬場が併設されている斎場のメリット 火葬場が併設された斎場のメリットは、他の場所にある葬儀会場を使うより経費が安くなることです。
公営施設がほとんどですからその分葬儀会場の利用より2割から4割程度の金額で葬儀を行うことができます。
斎場が火葬場に併設されていれば霊柩車の必要はありません。
会葬者のマイクロバスも使わなくて済みます。
一般的に地方自治体が運営していますので、斎場費用がリーズナブルな価格でできるようです。
最寄りの駅から遠いなどの不便さはありますが、その分民間業者よりも火葬場との連携がとれていることが多いです。
時間面では余裕が効かない部分はありますが、経費面では民間業者より安く葬儀ができることになります。
またお通夜から葬儀・火葬まで同じ場所でできから親族等に負担をかけずに葬儀をすることができます。
式場の費用を比べてみても公営施設のほうがかなり安くなることは間違いありません。
宗派や宗教問わずに利用できることも大きなメリットになります。

火葬場が併設されている斎場のデメリット

火葬場が併設されている斎場のデメリット 火葬場が併設されている斎場も少なくありません。
移動するための時間を節約できる、またはマイクロバスを用意しなくて良いなど利点は多いです。
ところが、そのような斎場には多少なりもデメリットがあるので覚えておきたいです。
例えば、交通の便が良くない場所に建てられていることが多いという点です。
これは火葬場から出る煙などで周りに迷惑をかけないためで、山の上にあることも珍しくないのです。
おまけに斎場は良くても火葬場があるのは嫌だと、近隣住民に敬遠されてしまうことも珍しくないです。
そのため止むを得ず繁華街から離れた場所に建てなければならなくなります。
他にも、先述した通り、すぐに火葬場に行けるメリットがあるため、利用者が多く予約が取りにくい場合もあります。
そこで他の場所に行くことになるのですが、区域外の斎場を利用する場合、料金が高くなるかもしれません。
利用する前に、いくらかかるのかをチェックするようにしておきたいものです。